年齢:78

性別:男

職業:ナシ

聴力:

現状:

来店動機:長年使用したRIC型(10年間)では、遂に講演会が聞こえなくなった。修理も対応していない為、新しい製品を検討。

備考:最近のスマートフォン対応しなくて良い。

平均聴力 右耳  :47dB

左耳  :48dB

ヘッドホン語音弁別 右耳:70dB、90%

左耳:70dB、85%

試聴補聴器    :バーナフォン・Z9MNRT

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

購入補聴器    :

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

音場裸耳明瞭度  :(音場でTY-89の単語を聞いて頂く)75%

音場装用明瞭度  :(音場でTY-89の単語を聞いて頂く)90%

購入前試聴期間  :3ヶ月

プログラム設定  :P1:ダイナミック、P2:騒音下の会話、P3:講堂、P4:音楽/TV

試聴経過     :

老後の研鑽のため講義を聞いており、またその仲間で宴会もある。

1週間後:今他店にてワイデックス、イボーク440試聴している。講義の話が聞こえにくい事がある。隣の人の声も聞こえにくい、バーナフォンは聞こえるのに。

オーティコン、フォナック、シグニアの説明する。次回フォナックを試す。

試聴補聴器    :フォナック・オーデオB70-312

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プログラム設定 :スタート:静かな環境・騒音時の会話・騒音時快適・音楽、オートプログラム、P1:非常に騒がしい環境の会話

宴会ではP1を使用頂く。

2週間後 :調整良い。今度他店にてGNリサウンド試す。

後日   :他店のGNリサウンドは基本の音が弱い。近くの人でも言葉が入って来ない。

当店と元々聴力データの値が10~5dB少ない。この為設定データに影響、整合性が合わない。いいから上げてくれと言ったら、上げる割合がおかしい!

こちらは聞こえれば良いので、フォナックで聞こえなかった、宴会での会話がバーナフォンで聞こえるか、また試したい。Z9-MNRT前回同様セットしお貸出。

後日  :バーナフォンは、周りが騒がしい飲み屋で皆の会話聞こえた。但し、静かな時に聞こえない時があった。GNリサウンドは全く駄目。

今度は比較するため、バーナフォン、フォナック同時にお貸出する事に。

2週間後  :バーナフォン、フォナックどちら共言い難いが、騒音時は同じ。但しバーナフォンはボリュームを上げ下げするが、フォナックはそういう事が無い。

フォナックの新製品マーベルを紹介するが、スマホはやらないし、電池交換式で慣れているので充電式でなくて良い。マイクロモールド製作へ。

 

ご本人の感想:騒音時の会話はバーナフォン、フォナック共聞こえるが、ボリュームコントロールしなくて済むのはフォナックであった。

当店の所感:

お客様の判断で、他店にて他メーカー2社を試聴され、寧ろバーナフォン、フォナックの騒音時の聞こえの優位性を確認する事が出来た。

基本的な騒音感は、デジタル補聴器の進展にて、違和感が無い事が確認された。

今回選択された機種は現行製品の中で、最も騒音時の会話性能を保持するクラスになり、価格もハイグレード。両耳通信での解析があり、2社独自の騒音時の会話保持技術がある。

これは片耳装用者には貢献しにくい性能。

石田紳二

シェアする