高度難聴且つ片耳が活用出来ない場合の対応、CROS補聴システム耳あな型カスタムフルサイズ。マニアックな調整。

年齢:74
性別:男
聴力:

来店動機:現在使用補聴器が8年経ち、次期製品を検討依頼で来店された。
音にはこだわりを持っており、10回位調整して漸く満足の行く音になっており、いじって欲しくない所もある。
その担当者も異動した。不良聴耳の方も使用していたが、聴力低下が進み今は使用効果が無い。
現在使用補聴器も普段余り手入れをされておらず、来店時清掃後バキューム吸引掛けで音が復活し、今迄よりも音大きく且つ鮮明になった。
備考:拘りのある音の為、世代機種変更間コピー希望。

平均聴力 右耳  :65dB
左耳  :117dB
ヘッドホン語音弁別 右耳:60%
左耳:0%
試聴補聴器    :

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

より言葉の鮮明なメーカー試聴希望で、バーナフォンRIC型Z9MNRT、パワーレシーバーにて試聴。
大分音静かだが尖っていて硬い感じ。今迄使用のフォナックの方好む。
女性歌手、特に島倉千代子好み、CDにて試聴後フォナックの方が低音出ており音量豊であると言う事。
またバーナフォンはCROS対応が無い。この為フォナック社で製作することになり耳型採取。

音場裸耳明瞭度  :(音場はカセットの単語を聞いて頂く)0%
音場装用明瞭度  :(音場はカセットの単語を聞いて頂く)95%
購入前試聴期間  :無し
プログラム設定  :オートセンスOS静かな環境〔騒音下の言葉、非常に騒がしい中の言葉、車中での言葉、騒音下での快適性、反響する環境での快適性、音楽、以上7環境解析自動切替〕
及びP1「騒音下での快適性」(直ぐに音量を下げる機能として)
購入補聴器:右フォナック・バートB90-13UP+左CROSB-13カスタム

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お渡し時 :
今迄使用のQ90-13のデータ転送設定した値より、全体1dB下げた値にて、
丁度良いとなり。初めて聞く対耳CROSにて、左の音の広がり実感。
但し音楽が高域歪む。Q90-13の値そのまま移行していなかった為高域不足。
マニュアルでQ90-13の値にすべての、オートセンスOSプログラム修正する。
この調整により、高音部の不具合取れ、以前のより言葉や音楽がクッキリ、はっきり立ち上がった鮮明な聞こえになっていると言う事。

〔初期調整時画面〕

経過
5日後:音楽で高域の歪がある、これが取れないか。またレスランで食事をしていたら一口目でハウリングして他人に見られた。
処置→音響特性装置に掛けながら、オートセンスOS「静かな環境」低域を下げ、Q90-13参考に高域ピークも抑える。「音楽」を低域とピーク部フラットにする。


(紫→オレンジラインへ)
〔OS音楽特性画像〕

→調整後

評価:雲が取れた様、音質も良い。(低域が出すぎる事で、高域を被る現象が起きていた模様)音楽が少し低いが、暫くこの石田サウンドで音楽を楽しむと言うこと。ハウリングは起床時以外は収まった。

一週間後:音楽が弱い。→OS「音楽」のみ全体2dB上げる。
更に一週間後:家族より前のより聞こえが悪い様だ。→OS「静かな環境」のみ低音主体、及び高域3~5dB上げる。
〔OS特性画像〕

〔最終調整画面〕

その後調整依頼無し。
ご本人の感想:横浜より態々来る価値あり。

当店の所感:
高度難聴の聴覚は、軽度難聴の聴覚と異なり、明瞭度低下も伴う為、音量パワー要求がある。長期補聴器装用されるとその音に慣れる傾向があり、音質含め、同様な音質を好む。
バーナフォン社の音に慣れていれば、逆に他の物に違和感を持つ事も多い。

石田紳二

シェアする