年齢:71才
性別:女性
職業:主婦
聴力:

来店動機:
子供の頃よりの中耳炎の影響で、右耳は医師からは聾と言われており、聞こえの良かった左耳の聴力が低下して、
仕事にも支障を来たす様になり、医師にも補聴器製作を勧められ、7年前より当店にて、左のみRIC型バーナフォン社
ヴェリテ7を使用。サウンドゲート中継にて、携帯電話ブルートゥース使用。使用補聴器の音が途絶えたりする症状が出始めた為、当時存在しなかったCROSシステム紹介、試聴して頂いたら、ハッキリ聞こえ右側の音の存在を始めて体験、新規購入へ。
初期試聴時100%の値では強く、80%の値へ。
今迄同様に中継機器コムパイロットⅡにて携帯ペアリング使用。
欠点は今迄のより、電池寿命短い。
右のCROSを外すと大分音量が減る。

平均聴力 右耳  :106dB
左耳  :45dB
HP語音弁別 右耳:
左耳:65dBにて、100%
試聴補聴器    :左フォナック・オーデオB50-312、右フォナッククロスB-312
音場裸耳明瞭度  :63%(1,5mにて65dB)
音場装用明瞭度  :96%(  〃    )
購入前試聴期間  :無し。
プログラム設定  :スタート、オートセンス(静かな環境、騒音下のことば、騒音下の
快適性)自動認識。P1電話マイクロフォン使用。P2音楽。
試聴経過     :試聴無し、モールドが必要な聴力で、既製耳栓での試聴は不向きでもあるため。
新たに専用モールド作製。

購入補聴器  :左フォナック・オーデオB50-312、右フォナッククロスB-312

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1か月後   :CROS側を外すと大分音量が減る。やはり右を着けた方が良く聞こえる。

ご本人の感想:
新しいタイプの左だけでも充分今迄より聞こえ良いが、今迄経験のない右側の存在を実感され、右のCROSを外すと
音量が大分減るというご感想であった。

当店の所感:
今迄ご使用のバーナフォン社にはCROSシステムが無い為、今迄ご使用の携帯電話中継の出来る製品を紹介。
試聴時左にフォナックオーディオ補聴器B50のみでも、今迄より良く聞こえると言うご感想。
今迄のが感度低下と、補聴器そのものの性能の良さから実感された模様。試聴にもモールド製作必要な聞こえため、
その場で新規製作される決断となった。

石田紳二

シェアする